JR0ECQの徒然日記

趣味のアマチュア無線などについて徒然なるままに

KCJトップバンドコンテストに参加する(2) ~コンテスト本番~

(前回からつづく)

アンテナの準備が無事に終わり、いよいよコンテスト本番を迎えました。

初日の開始時刻の21時から呼びまわり開始しましたが、開始直後はまだ参加局が少なく、呼び負けることも多かったので、最初の30分で交信できたのはたったの4局でした。

しかし、その後、夜が更けるにしたがって、バンド内が賑やかになってきて、遠方の局の信号も強くなり、それなりのペースで交信数が増えました。

23時過ぎの福島県沖を震源とする地震のときには、大きな揺れがなかなかおさまらず、バンド内も静まり返ってしまったので、広い範囲で被害があったのではないかと思い、焦りました。QSOレートグラフも23時台が凹んでますね。

ところで、このときの地震のエネルギー(マグニチュード7.3)は、東日本大震災のとき(マグニチュード9.0)より桁違いに小さかった(マグニチュードが2減ると1000分の1になる)のに、こんなに揺れたのですから、東日本大震災の規模の大きさにはびっくりです。また、近所で水道管が破裂して道路が水浸しになったことを翌日のニュースで知り、驚きました。

その後、徐々にバンド内の賑やかさが戻ってきたので、安堵するとともに、交信を再開し、再びバンド内が静かになる翌日の深夜1時半まで交信を楽しみました。

二日目は20時からの1時間だけ参加しましたが、交信済みの局が多かったため、交信数は伸びませんでした。

結果、交信局数は、1.8MHz帯が35局、1.9MHz帯が26局で、合計61局でした。マルチは33で北海道から九州までほぼ満遍なく交信できましたが、なぜか5エリア(四国)とは1局とも交信できませんでした。聞こえてきた5エリアの局も1局だけでした。

アンテナについては、1.8MHz帯と1.9MHz帯の間のバンドチェンジのたびに、モービルホイップの先のワイヤーを取り替えなければならないのが面倒でした。あとで数えてみたら10回も取り替えていました。でも、つぎのKCJ主催コンテストからはJARL主催コンテストに倣って1.8MHz帯のみになるようなので、こんなに面倒なことは今回が最初で最後になることでしょう。

このほかは、準備したアンテナの調子も良く、昨年と比較して、(1)1.8MHz帯にも出ることができ、(2)FT8の信号にも悩まされることなく、(3)リグの性能も良く、(4)風もなく、(5)交信局数も大幅に増加し・・・と、良いこと尽くめで大いに楽しむことができました。

また、目標としている1.9MHz CW特記のWAJAについても、未交信が沖縄県のみになりました。

交信してくださった皆様、そして、この記事を最後までお読みくださった皆様、ありがとうございました。

(了)

 

f:id:jr0ecq:20210218185422j:plain

KCJトップバンドコンテストに参加する(1) ~アンテナの準備~

2月13日~14日に開催されたKCJトップバンドコンテストに参加しました。

昨年は強風でアンテナが揺れて心配でしたが、今年はお天気にも恵まれて2日とも春のようなぽかぽか陽気。無事に参加できてよかったです。この記事を書いている今は強風を通り越して暴風が吹き荒れていて、今日の新潟の最大瞬間風速は30m/sを超えたそうです。お天気が数日ずれていたらコンテストに参加できないところでした。

さて、今回もコンテストに先立って少しばかりアンテナの準備をしました。昨年は3.5MHz用のモービルホイップの先端から4.90mのワイヤーを吊り下げたアンテナで念願のトップバンドデビューを果たしましたが、リグ(TS-50S)の関係で1.9MHz帯だけの参加でした。その後、リグ(FT-991A)を新調し、今年は1.8MHz帯にも出ることができるようになったので、このコンテストをとても楽しみにしていました。

1.8MHz帯用のアンテナは、昨年のARRL 160mコンテストのときに準備し、CQ WW 160mコンテストでの海外初交信のときにも使用したのですが、同調点が1.830MHzと少し高かったので、今後のJARL主催コンテストでの中心周波数の1.810MHzを狙ってワイヤーを少し付け足しました。

なお、モービルホイップの水平設置時に同調点を1.810MHzにするためには、ワイヤーの長さを5.65mにすればよかったのですが、モービルホイップを上向きに固定すると同調点の周波数が上がるため、上向きに固定することを想定して、計算値よりも5cm長くしました。

そして、3.5MHz用のモービルホイップの先端から5.70mのワイヤーを吊り下げ、モービルホイップの根元を約30°上向きに固定し、NanoVNAでSWR曲線を測定したところ、予想どおり、下記のとおりまずまずの結果となりました。

f:id:jr0ecq:20210216193948j:plain

(次回につづく)

QSLカードが届く

昨日、ビューローからQSLカードが届きました。

今までは月末に届いていましたが、今回は月を跨いで到着しました。少し遅かった分、いつもよりもたくさん届いていると嬉しいなあ、と思いながら数えてみたところ、いつもよりも多くて128枚もありました。海外からのきれいなカードもありました。

お送りくださったみなさま、ありがとうございました。これからしばらくカードの整理を楽しみたいと思います。

f:id:jr0ecq:20210202193719j:plain

CQ WW 160mコンテストに参加する ~トップバンドでの海外初交信~ 

昨年末にARRL 160mコンテストを観戦したときに、海外交信にチャレンジしたいと思っていましたが、その時がやってきました。一昨日と昨日、CQ WW 160mコンテストに参加しました。

初日は、21時過ぎから受信開始。いちばん強く入感していたサハリンの局を呼ぶと、何とあっけなく一発で応答があり、トップバンドでの海外初交信となりました。つづいて、ウラジオストクの局を呼んでみたところ、こちらも一発で応答がありました。しかし、その後はつづかず、そのほかのロシアの局や韓国の局も入感していましたが、呼んでも応答がありませんでした。それでも、目標を無事に達成できたので、初日はこれでおしまい。サハリンの局は、早くもLoTWでコンファームできました。

二日目は、初日よりも早い19時過ぎから受信開始。時間がまだ早いのか、初日よりもコンディションが悪いのか、海外局があまり強く聞こえてきません。そこで、国内局も得点になるというので、しばらく国内局との交信を重ねながら、その合間に比較的強く入感している海外局を見つけては呼んでみましたが、結局、海外局とはまったく交信できませんでした。

結果として、初日に海外局と交信できたのはとてもラッキーでした。モービルホイップの先端からワイヤーを垂らしただけの超短縮サイズのアンテナを使って、トップバンドで海外交信できるとは感動ものです。みなさんもぜひお試しください。

お年玉電鍵コンテスト「2021丑コン」に参加する

昨日、A1 CLUB主催の2021丑コンに参加しました。

準備
使用したキーは先日購入した丑キー。これをホームセンターから60円で買ってきた建築金物Z30-4(重さ110g、大きさ52×52×5mm)にマグネットでくっつけて机に置き、プラグとコードは加工が面倒だったので100均で買ってきたモノラルイヤホンのプラグとコードを利用して無線機につなぎました。

f:id:jr0ecq:20210131070709j:plain

丑コン
さて、丑コンの方はというと、この丑キー、作りはいいけど叩きにくい!(笑)

バネ圧が軽すぎて反動法には向きません。仕方がないので、ノブとは反対側の接点間隔調整ネジの上に左手をのせて、弱いバネ圧を補うように一定の加重を掛けながら打ちました。このように右手と左手の連携プレーだったのですが、連携が上手くいかないときは符号が乱れてしまって、相手の方にご迷惑をお掛けしてしまいました。

そして、お空のコンディションもいまいち!

特に午後の部は近場がまったく聞こえず遠方も不安定でだめでした。途中、出かける用事があったり、家にいてもときどきワッチしながらという細切れでの参加でしたが、交信できたのは、午前の部17局、午後の部4局、合計21局でした。

また、丑キーのシリアルナンバーを送ってきた方は全体の4分の1くらいに過ぎませんでした。もっとたくさんの方とシリアルナンバーを交換したいと思っていたので、少し残念でした。丑キーをお使いでない方の中には、ストレートキーをお使いの方もいらっしゃいましたが、PC送信やパドルの方が大多数でした。

まとめ
お空のコンディションはいまいちだったのもの、シリアルナンバーを送ってくださった方の信号からは、丁寧に打とうという気持ちがよく伝わってきて、何か心に通じるものがありました。また、偶然、シリアルナンバーが私と1番違いの方と交信でき、お互いに喜び合うことができました。こういう楽しい出会いがあるので、無線は止められません。みなさま、ありがとうございました。