JR0ECQの徒然日記

趣味のアマチュア無線などについて徒然なるままに

1アマと2アマの国家試験(令和2年9月期)の合格率

久しぶりに1アマと2アマの試験が行われ、本日、合格発表がありました。いつものように合格率を概算してみました。ただし、今回は、すべての試験会場の合格者数を合算するのではなく、東京会場のみの合格者数から算出しました。受験率を75%と仮定した大雑把な計算ですが、傾向はつかめると思います。

その結果、1アマは約32%、2アマは約56%となりました。今回の1アマは比較的狭き門だったみたいです。問題が難しかったのでしょうか。

合格されたみなさま、おめでとうございました。

全市全郡コンテスト

最近、7MHz以上のコンディションがあまり良くありません。そこで、今年の全市全郡コンテストは、3.5MHzのシングルバンドで参加することにしました。

さて、初日は21時半頃から参加。はじめのうちは、子供たちと一緒に「鬼滅の刃」のアニメのテレビ放映(原作の漫画にとても忠実に作られていて感心しました。)を見ながら、のんびりと呼びまわり。実は、リビングのテレビの横に無線機があるのです。

コンディションはいま一つで、ガツンと入感してくる局の数もまばら、遠距離の入感もありません。比較的強い局を呼んでも振られてしまうことが多く、テレビ放映が終わってからも局数はあまり進みません。でも、せめて50局くらいはと頑張ることに。そして、夜半過ぎに少しコンディションが良くなり、1時過ぎになってようやく目標の50局に達したところで就寝しました。

つぎの日は、日中はお休みして、どうせコンディションは良くないのだろうと思い、夕食後の18時半頃から再開。

ところが、予想に反してコンディションは比較的良く、前日のコンディションでは難しかった信号が弱い局とも交信することができました。近距離から遠距離まで満遍なく北は旭川から南は石垣まで、QRP局とも交信できました。でも、なぜか、5エリアとは1局も交信できなかったのが不思議でした。

そして、終了時刻ぎりぎりまで楽しんで、総交信局数は82局。無線機の前にたくさん座っていた割には少ない局数に終わりました。でも、とても楽しかったです。

今回も交信してくださった皆様、ありがとうございました。

f:id:jr0ecq:20201012193025p:plain

AJA-1500のステッカー

先月末に届いたQSLカードのチェックを終えてAJAのポイントを確認したところ、1500ポイントに達していました。さっそくステッカーを申請したところ、早くも本日届きました。手書きのメモに発行日と発行番号が記されていました。

f:id:jr0ecq:20201008195151j:plain

昨年の8月にAJAが1000ポイントになってAJAのアワードをもらったので、1年2か月弱で500ポイント増えたことになります。これもQSOくださり、QSLカードをお送りくださった皆様のおかげです。ありがとうございました。

1500ポイントの内訳は、モード別ではCWが85%、SSBが15%、バンド別では7MHzが40%、3.5MHzが18%、50MHzが13%、14MHzが9%でした。1000ポイントのときと比べて、CWと3.5MHzの割合が大きく増加しました。

つぎの目標は、CW、同一都道府県特記のAJA-1500ですが、すでにQSO済みなのでQSLカードを待つのみです。

KCJコンテストの結果

昨年QRPで参加して奇跡の入賞今年もあわよくばと、2日目の朝から2バンドQRP機のHT-1Aで参加。しかし、コンディションが悪くて苦戦。そんなKCJコンテストの結果が発表されました。

意外にも順位は良くて、上位半分まであと1つでした。QRP部門での新潟県の入賞者はいなかったので、あと順位が1つ上だったら入賞していたということになります。

f:id:jr0ecq:20201002194003j:plain

ちなみに計算上は、あと5局くらい多く交信できていたら、入賞していました~♪。今年は交信局数も昨年より大幅に少なく、当初から入賞なんか無理だと思っていましたが、あと少しで入賞できていたことが分かると残念な気持ちが芽生えてくるのは不思議なものですね。

まあしかし、私がコンテストに参加するのは、入賞を目指すためではなく、コンテストのテンポよい交信を楽しむのが主な目的ですので、来年も色気は出さずに、2バンド限定のQRPで、ゆる~りと楽しみたいと思っている次第です。もちろん、入賞できたらうれしいですけど。

QSLカード

今日、JARLビューローからQSLカードが届きました。今回はいつもより届くのが遅かったですが、いつもよりたくさん届きました。総数137枚で今まででいちばん多いみたいです。うち、記念局のものが14枚で全体の約1割。コンテストの参加証もありました。

いつも2か月に1度のこのときをとても楽しみにしています。これからじっくりと眺めたいと思います。

みなさま、とても素敵なQSLカードをありがとうございました。

f:id:jr0ecq:20200930192800j:plain

愛・地球博記念コンテスト

今年の愛・地球博コンテストは、1.9MHzで少しだけ参加しました。登山をして疲れていたので、コンテストの開始直後に入感していた局とひととおり交信して終了です。

最近は、7MHz以上のコンディションがあまり良くないこともあって、楽器の練習をしたり、家族と登山をしたりと、アマチュア無線以外の楽しみの方に関心が大きく傾いていて、アクティビティがすっかり下がってしまっています。

そういえば、登山したときに記入した登山届けに、アマチュア無線機の携帯の有無と、コールサインを記載する欄がありました。山ではアマチュア無線が有効な非常通信手段として認知されているのですね。勉強になりました。